やまきのおかあちゃんの日記 mieyamaki.exblog.jp

三重県津市でおとうさん(夫)と「割烹やまき」やってます。お店のこと家族のことなどお話しさせてくださいな。


by kappouyamaki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ちくま味噌@中万市(ちゅうまいち)

e0179098_16283506.jpg
先週19日の日曜日行ってきた中万市で買ってきたちくま味噌。
箱を開けるとしおりが入っていました。

e0179098_16295955.jpg
「歴史の中のちくま味噌」
それを読んでちょっと興味がわいていろいろググってみました。

竹口家が江戸へ進出した当時は中万町は伊勢国乳熊(ちくま)郷と言って、味噌醸造を始めた時、乳熊屋作兵衛門商店としたのがちくま味噌のはじまりだそうです。

私はまったく知らなかったのですが、有名な味噌屋さんのようですね。

歴史的にも

ちくま味噌初代が赤穂浪士の一人大高源吾と俳諧の友であったため、赤穂四十七士が討ち入り後休息をし、そのゆかりの地として有名になったり。

14代当主が勝海舟の有力な後援者のひとりで、海舟が渡米の際、咸臨丸で手にしている脇差は竹口家寄贈のものであったり。

明治時代初演の歌舞伎「四千両小判梅葉」の台詞に
「道理で味がいい 味噌はちくまにかぎるのう」と言う台詞場面が登場したり。

西郷隆盛や、ヘボン式ローマ字のヘボン先生、とも縁があったようです。

だからなんなのさ。
と言われればなんでもないのですが・・・。
中万市に行ったために、あらためて伊勢商人や松阪商人ってすごいなぁと感心してしまったのでした。

三井家や国分家は私でも知っていましたが、ほかにもたくさん知らない地元出身の名家や名士がいるのでしょうね。

こんなふうに地元のことにほんの少しでも興味を持てたのも、中万市のような催しがあったおかげです。
機会があればちょこちょこ行きたいですね。
いろんなことがわかって楽しい(^^)





[PR]
by kappouyamaki | 2017-11-27 11:00 | 散策 | Comments(0)