やまきのおかあちゃんの日記 mieyamaki.exblog.jp

三重県津市でおとうさん(夫)と「割烹やまき」やってます。お店のこと家族のことなどお話しさせてくださいな。


by kappouyamaki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:人( 3 )

嬉しい贈り物

先週の事。
知人が連れてきてくださった東京からのお客様が、お出しするお料理のひとつひとつをとても喜んでくださって、会話も弾み、楽しいひと時を過ごしていただきました。

お帰りになられる少し前に、その方が、富士山を撮り続けている写真家さんだと聞かされました。
ロッキー田中さん、平成15年度には「天空に舞う」という作品で、第35回新院展に於て文部科学大臣賞を受賞されています。
誰も見た事のない『ときめきの富士』を、生涯に99作世に出す事を志してみえるそうです。

先日、そのロッキー田中さんから小包が届きました。
開けてみると・・・
e0179098_12452628.jpg
メッセージと共に来年のカレンダーが入っていました。

富士山に魅せられたロッキー田中さんのすばらしいカレンダーに感動した事は当然ながら、心のこもったメッセージがより嬉しくて・・・。
ありがとうございます。

またひとつ、素敵な出逢いが増えました♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪
[PR]
by kappouyamaki | 2009-12-11 13:01 | | Comments(1)

足やすめ 安濃津ばき

29日まで松菱で開かれている「ふるさと三重物産展」へ行ってきました。
今回出店されているなかに、安濃津ばきの大谷はきもの店さんがあります。
e0179098_17315433.jpg
安濃津ばきは、伝統の地場産品「伊勢木綿」を鼻緒に、「畳」の感触をくみあわせた草履で、自然素材の履き心地をテーマに伊勢木綿と畳の組み合わせで県内生産にこだわり「履き心地」を第一とした足にやさしいはきものです。
県内外で高く評価されています。
e0179098_17331875.jpg
この安濃津ばきの考案者で大谷はきもの店店主の大谷さんは、おとうさんが所属している鮎釣りが大好きな人たちの集まり「津鮎会(シンセンカイ)」のメンバーです。
おとうさんから聞いたところによると、銀行マンだった、大谷さんは、子供のころから慣れ親しんだ岩田川が汚れていくのを見るのに忍びなく、早期退職をされてボランティアで岩田川の清掃に力を入れられていたそうです。
数年前、お母様が亡くなられた時に、生前、大谷はきもの店を営んでみえたお母様が、自分が死んでも、街が寂れるのを止めるためにも、大谷はきもの店を閉めないでほしいと言われた言葉を守り、ご夫婦でお店を続けられてきました。
そして、安濃津ばきを考案されたのです。
何事にも前向きな大谷さんは、70歳を越えられた今でも、青年のような若々しい目をされています。
ただ一つ残念なことに、お忙しすぎて、ここ数年は鮎釣りも叶わないようです。

大谷さん、津の活性化のためにも、これからもお元気で、活躍してくださいね。

大谷はきもの店
津市丸之内28-41
TEL:059-228-2398
[PR]
by kappouyamaki | 2009-09-27 17:41 | | Comments(2)

カリスマファーマー

e0179098_10381060.jpg
恵那川上屋の毬栗餅をいただきました。
つきたてのやわらかいお餅に、栗きんとん生地の栗粉をたっぷりとまぶしてある上品なお菓子です。
翌日にはお餅がかたくなってしまうので、さっそくいただきました。
栗きんとんがさっぱりとした甘みで、これなら甘いものが苦手な人も大丈夫かもしれません。

e0179098_1044394.jpgこのお餅に使われているもち米は、安濃の横山さんが作られています。
横山さんは地元誌で、カリスマファーマーとして紹介されたこともある方です。
見た目は普通のおじさんです(笑)が、農業に掛ける情熱は半端ではありません。
横山さんの所では、お米の他に蕎麦や小麦なども作ってみえます。
蕎麦粉は県内の有名なお蕎麦屋さんでも使われています。
以前に、横山さんの小麦粉でつくったうどんを食べさせていただいたことがあるのですが、あまりのおいしさにビックリ!麺の味が濃く、小麦の味というものを初めて知ったと思いました。
うどんの麺はかたいか柔らかいか、味はダシの違いと思っていたのですが、小麦で味はこんなに違うんだということを改めて知りました。

横山さんとはご縁があって仲良くさせていただいています。
これからもよろしくお願いします。
おいしい農産物楽しみにしています。

そうそう、言い忘れてました(^_^;)
恵那川上屋の栗きんとんがおいしいのはもちろんですが、栗きんとんを作る時に釜についたお焦げ(最近お釜が新しくなり、あまりお焦げは出来ないそうです)、これがまた香ばしくって、おとうさんの好物です(^^)
e0179098_12475098.jpg

[PR]
by kappouyamaki | 2009-09-16 11:13 | | Comments(0)