やまきのおかあちゃんの日記 mieyamaki.exblog.jp

三重県津市でおとうさん(夫)と「割烹やまき」やってます。お店のこと家族のことなどお話しさせてくださいな。


by kappouyamaki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:地物産 ( 13 ) タグの人気記事

秋田の山菜で晩酌

秋田の食材が続きます。

昨夜は秋田の山菜で晩酌しました。
e0179098_12292273.jpg

ホンナにシドケにアイコ。
秋田を代表する山菜です。
秋田の叔母から送ってもらったものを、茹でただけのお浸しです。
送ってもらう前に説明してくれたのですが、どれがどれだが忘れちゃいました(^_^;)

茹でたらよけいに見た目にはわかりませんが、食べると、セリのような香りのものや、食感がいいもの、苦みがクセになりそうなものと三種が三様それぞれ個性的です。
マヨネーズ醤油をちょこっと付けながらいただきました。

お酒も秋田の地酒です(^^♪
[PR]
by kappouyamaki | 2012-05-09 12:42 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

ホンモロコ@白山

ブログ冬眠中の事。
二月の初めにこんなハガキが届きました。
e0179098_10563922.jpg
絶滅危惧種の琵琶湖のホンモロコを、白山の「定年後の爺さん達」が耕作放棄地で養殖しているというのです。
当然おとうさんは気になって、早速電話をしていましたが、なかなかおじゃまする機会が作れず、やっとおじゃまできたのが、3月の半ばでした。
e0179098_10573014.jpg
山間の田園地の中にその場所はありました。
今年の稚魚の養殖の為にこの日から水を溜めて準備中とのことでした。
e0179098_1059438.jpg
横の水路に泳がせている成魚を網ですくってもらい、用意して行ったクーラーボックスに。
e0179098_10593436.jpg
見た目はどこにでもいそうな子魚ですが、これが大変貴重で高級食材なんですよ。
ちなみに、この辺の川とかにいるのは、タモロコという種類だそうです。
帰る前にせっかくなのでおとうさんを交えて記念写真を・・・
e0179098_110434.jpg
見ていただくとわかる通り、
「定年後の爺さん達」な~んて書いてあったので、どんなお年寄りかと思って行ったのですが、皆さん若々しくて全然爺さんっぽくありません(笑)

買わせていただいたホンモロコは、天ぷらや南蛮漬けにしてお客様にお出ししたところ、クセや苦みが無くとてもおいしいと喜んでいただきました。

まだまだ始めたばかりで大変だと思いますが、これからもがんばってください。
またおじゃまします(^^)
[PR]
by kappouyamaki | 2012-04-09 11:06 | 散策 | Comments(0)

きんこ

e0179098_12455276.jpg
e0179098_1246933.jpg
この季節になると志摩地方の名産品「きんこ」が出てきます。

息子が高校時代志摩の和具で下宿をしていた頃は、ちょくちょく和具へ行く機会があったので、
いつも志摩の道の駅で買ってきていました。
今では志摩へ行くこともなくなってしまい、近くのスーパーで見つけると、時々買ってきます。

「きんこ」とは、サツマイモ(ハヤトイモ)を煮て干し乾燥させた志摩地方の加工食品で、海鼠(なまこ)を干して乾燥させたものも「きんこ」といいますが、かたちがこれに似ているためこの名がついたのだそうです。

初めてこの「きんこ」を食べた時は、一般的な干し芋とは比べ物にならないそのねっとり感にびっくり!
女性には芋好きな人が多いですが、私はそうでもありません・・・が、これは別!!(笑)
娘も好きですが、特に息子とおとうさんが大好き・・・うちは男のほうが芋好きなんです(笑)

お値段が一般的な干し芋と比べると少々お高めですが、それだけの価値は充分あると思います(^^)

そのまま食べてもいいけど、少し火であぶると・・・
もぉ~~~最高!(^^♪
[PR]
by kappouyamaki | 2011-01-03 13:04 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

祭ごんぼ

e0179098_11113410.jpg
e0179098_11115641.jpg
毎年2月に奇祭「ごんぼ祭り」が行われる旧美杉村の「祭ごんぼ」をいただきました。
味噌でやわらかく煮たごぼうに山椒がたっぷりかかっています。
味は濃い目ですが、お酒がすすむ一品でした。
製造者欄を見ると「下之川地域特産品を育てる会」と書いてあります。
なんかいいなぁ(^^)

「ごんぼ祭り」も行ってみたいな(^^♪
[PR]
by kappouyamaki | 2010-11-05 11:23 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)

八朔粟餅

サルシカ隊員のやまぴーさんから、八月の朔日餅の「八朔粟餅」とサメを干物にした「さめのたれ」を、いただきました。(その時の様子はこちら
やまぴーさんありがとうございました<(_ _)>
e0179098_12533571.jpg
e0179098_12535050.jpg
お餅は帰宅して早速いただきました。
見た目は赤福といっしょですが、お餅が粟餅で、あんこに黒砂糖が使われています。
白いお餅よりもあっさりとしていて、それがあんこにとってもマッチ!一緒に食べた息子も「うまっ!」と(^^)

さめのたれは、みりん干しのほうだったので、さっとあぶって、晩酌のお供に。
さめは臭いと聞きますが、なんにも臭みもなく、お酒にピッタリのお味で、おいしゅうございました。

おとうさんは、お餅はデザートに食べると言っていたのですが、元来甘い物でお酒の飲める人なので、それまで待ち切れずに焼酎のお供として。
e0179098_1355453.jpg
私の用意したおかずより「おいしい!」と・・・。
それってどうよ!プリ(*`З´*)プリ
[PR]
by kappouyamaki | 2010-08-02 13:16 | 食べ物・飲み物 | Comments(2)

7月の朔日餅

e0179098_12255317.jpg
7月の朔日餅(ついたちもち)をいただきました。

蒸し暑い日が続くせいか、なんとなく体がだる重~~(>_<)って感じてた時に・・・
ひんやり、つるりん、やさしい甘さのこれをいただいたら、体がなんだかほっとしてます(^^)
[PR]
by kappouyamaki | 2010-07-02 12:36 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)

伊勢屋豆兵衛の豆醍醐

e0179098_1239499.jpg
数日前のことなのですが、書きそびれていたので・・・。

前回伊勢屋豆兵衛の湯葉や豆腐を買ったときに買いそびれたスウィーツ「豆醍醐」をやっと食しました。
甘味料を一切使わず、大豆本来の甘味を極限まで引き出した健康食スウィーツで、黒蜜をかけてがお薦めということで、基本にのっとっていただきました。
豆腐よりふわふわの食感と、たしかに豆の自然な甘みを感じました。
黒蜜をかけてもあっさりとくどくなく、甘味が苦手な人でもいけそうです。
とてもおいしくいただきました(^^)

ですが・・・
そこで私はふと思ったのです。
この甘みには塩が合うのではと・・・。
早速晩酌の時に、塩でトライ!
うふふふふ・・・思った通りでした。
左党の私はこっちですね。
またお酒がすすむ物を見つけてしまいました(^^)v

作り手さんの思いとは違ってしまうけれども、お薦めです。
[PR]
by kappouyamaki | 2010-06-30 13:13 | 食べ物・飲み物 | Comments(4)
昨日の日曜日、ひとりで多気町のおとうさんの実家に行った帰りの事。
いつもは時間に追われて高速を使うのですが、早い時間に行ったので多少時間にゆとりが・・・そこで42号線沿いのクリスタルタウンのマックスバリューへ寄りました。
e0179098_1272628.jpg
そこの地元物産のコーナーで偶然見つけたのが伊勢屋豆兵衛(いせやごへい)の湯葉と豆腐(まだ冷蔵庫の中で待機中)。
地元産の湯葉はあまり見つけられません。
これを見つけた時は「いける!」とインスピレーションが(笑)
e0179098_1275467.jpg
夕飯時におつまみで出したら大当たり(^^♪
「さしみゆば」は当然ながら、「煮込みゆば」も生でもいけるというのでさしみで出してみたら、息子はこちらのほうがお気に入りのようでした(^^)

売り場に置いてあった商品案内には、塩ポン酢での食しかたが一押しのようでしたが、我が家に塩ポン酢がなかったので、麺つゆ&山葵でいただきましたが、ベリーグッドでしたよ(^_^)v
それでも次回は未知の世界「塩ポン酢」も是非試してみたいと思います。

ひとつ、心残りなのは、「豆醍醐」という商品。
なんでも、甘味料を一切使わず、大豆本来の甘味を極限まで引き出した健康食スイーツだそうですが、迷って買わずじまい(^_^;)
湯葉がヒットだっただけに、次回は買わねば・・・φ(..)メモメモ
[PR]
by kappouyamaki | 2010-06-14 12:18 | 食べ物・飲み物 | Comments(8)

大きな椎茸

e0179098_11193925.jpg

昨日、横山農産さんからいただいた原木椎茸です。
数日見に行かずにいたら、こんなに大きくなっていたそうです(*'∀'人)ワォ☆
原木椎茸は菌床に比べると味が濃くっておいしいと思います、私は大好きです。
そのまま焼いてお醤油たらすのもいいですが、私のお勧めは、裏のほうにお塩パラパラッと振って塩焼きです(^^♪

昨年は、猿の被害がひどくて、あまり収穫できなかったのに、どうして今年は?
と思っておとうさんに聞いたら、猿は椎茸はそんなに好きではなく、他の食べ物がないとしかたなく盗るけど、今はまだ他に好みの物があるから、手を出さないのだろうということでした。
ということは、そのうちに狙われるということですね(-_-;)
貴重な椎茸、心していただかなくては・・・。

不思議なことに、ナメコは、嫌いなのか、盗っていかないそうです(^_^;)
じつは私もナメコ苦手です。
私は猿と同等?ガ━━━(||゚ω゚||)━━━ン
[PR]
by kappouyamaki | 2009-10-29 11:23 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

黒豆収穫

嬉野の農家の方にお願いして、黒豆を作っていただいています。
e0179098_1310622.jpg
なんと、100mの畝二つが、やまき用となっています。
e0179098_13104479.jpg
ここの黒豆は丹波に負けないぐらい立派で、味も抜群です(^^)

昨日の日曜日、収穫に行ってきました。
メンバーは、いつもお花などをいただくEちゃんさん、私の友人ウェスティの母さん、そして私です。

8時ごろ現場に到着。
さっそく収穫にかかります。
e0179098_13113944.jpg
今年は、天候のせいもあって、去年に比べると背丈が半分ぐらいしかありませんが、実はたっぷりついています(嬉)
e0179098_13122250.jpg
もくもくと採っているウェスティの母さん。カメラを向けても知らんぷり。
おうちで待っているダーリンにおいしい黒豆を食べさせたくって一心不乱です。
愛を感じますなぁ(笑)
e0179098_13131525.jpg
Eちゃんさんと私はおしゃべり半分。私は手がおろそかになりますが、Eちゃんさんは畑仕事は慣れたもの、口と手が同時進行で動きますΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
e0179098_13141544.jpg
そうこうしていると、おとうさんが、岩出菌学研究所のかたと、きのこ散策を終えて合流です。

予定では小1時間ぐらいかな、と思っていたのですが、採っても採っても畝は続いています(>_<)
結局2時間も経っていました。それでも、まだまだ残ってしまいました。
e0179098_1315236.jpg
一番少ない私でも、こんなにたくさん採りました( ´∀`)bグッ!

途中、黒豆をつくってくださっているおばあちゃんも見に来てくださって、さといもまでいただきました。
そして、今日は地元のお祭りだから寄って行ってと、誘ってもくださいましたが、都合が悪く、後ろ髪引かれるように帰ってきました(>_<)
おばあちゃんいつもありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

収穫の喜びとともに、久しぶりにいい汗かきました(^^)
[PR]
by kappouyamaki | 2009-10-26 13:29 | 食べ物・飲み物 | Comments(6)