やまきのおかあちゃんの日記 mieyamaki.exblog.jp

三重県津市でおとうさん(夫)と「割烹やまき」やってます。お店のこと家族のことなどお話しさせてくださいな。


by kappouyamaki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:山・川 ( 14 ) タグの人気記事

ドライヴ

夏の間、鮎釣りに勤しんだおとうさんですが、早くに来た台風などの天候のせいもあって、思うような釣果が得られず、お仲間とあちらこちらの川を見て回っていた時に、忘れるぐらい久しぶりに通った青蓮寺湖の辺りの絶景にいたく感動したそうで、それ以来私に、紅葉の季節には是非行こうではないか!と・・・。
私としては、
「その道すがら、蕎麦屋らしき店があった」との言葉のほうに惹かれたのでした(笑)
しかし、いかんせん、その店の名前も何も分かりません。
外食系に詳しい人に聞いたり、検索したりしたところ青蓮寺あたりでは蕎麦屋なら「けいた」ではないかと・・・けれどおとうさんの話している場所とは違うようで・・・
再び検索してみたところ、らしき店はどうやらカフェレストランのようです。
けれど頭の中はもうすっかり蕎麦、蕎麦、蕎麦!
それなら、「けいた」で蕎麦を食べてから絶景を見に行こう!そうしよう!

随分と前振りが長くなってしまいましたが、
そんなことがあり、3日の祭日、そろそろ紅葉もいいのではないかと、青蓮寺方面へドライヴしてきました。
まずは蕎麦屋の「けいた」を目指します。
が、ナビが団地内にはいった辺りでうろうろしだし、自力で探すのを断念!
お店に電話して場所を聞き、やっとの思いで到着(>_<)
e0179098_13522764.jpg
e0179098_13524476.jpg
e0179098_13525839.jpg

薪ストーブの炎が温かいです。
e0179098_13544093.jpg

揚げ蕎麦がき
外はカリッとそして中はふわっふわでやさしい味でした。
e0179098_1355347.jpg

私は鴨汁蕎麦
e0179098_13552644.jpg

おとうさんはニシン蕎麦
どちらも薄味で、ニシンは甘露煮をイメージしていたのですが、あっさりと炊いてあります。
ちょっと私達の舌には上品すぎだったかもです。
そのうえ、おとうさんは、うっかり大盛にしてもらわなかったので、かなり物足りなかったようです。
追加で注文とも思ったのですが、お客さんも増えてきていたので追加せずにお店を後にしました。

この後、青蓮寺湖を通って香落渓(かおちだに)方面へ・・・。
結局思っていたカフェレストランもおとうさんの見た店とは違っていました。

県境を越えて奈良県曽爾村へ入ると、おとうさんの言っていた絶景が広がり始めました。
e0179098_13571662.jpg
e0179098_13573284.jpg

残念ながら紅葉はまだいまいちですが、岩山の姿はさすがでした。
そして走っていると・・・
e0179098_1358941.jpg

見つけました!蕎麦屋です!!
お客さんが外で待っているようですが、それでもこれは入るしかないでしょう・・・と駐車場に車を入れようとして店の入り口をみると
「本日の蕎麦は売り切れました」の表示が・・・(>_<)
後で調べたらこのお店「黄色いのれん」というけっこう有名なお店なんですね。

おとうさんのお腹は満たされないままドライヴは続きます。
そして、まだまだ絶景も続きます。
e0179098_13593789.jpg
e0179098_13595692.jpg

屏風岩。圧巻です!

曽爾村から御杖村へ入り、道の駅へ
ここのイートインコーナーで肉うどんを食し、栗大福も買って食べ、やっとやっとおとうさんのお腹は満たされたのでした(笑)

この後は、美杉に抜けて、再び道の駅へ寄り、蒟蒻を買って家路につきました。

残念ながら、今回は蕎麦と紅葉に未練を残してしまったので、近々リベンジの予定です。
[PR]
by kappouyamaki | 2012-11-08 14:06 | 散策 | Comments(0)

ホンモロコ@白山

ブログ冬眠中の事。
二月の初めにこんなハガキが届きました。
e0179098_10563922.jpg
絶滅危惧種の琵琶湖のホンモロコを、白山の「定年後の爺さん達」が耕作放棄地で養殖しているというのです。
当然おとうさんは気になって、早速電話をしていましたが、なかなかおじゃまする機会が作れず、やっとおじゃまできたのが、3月の半ばでした。
e0179098_10573014.jpg
山間の田園地の中にその場所はありました。
今年の稚魚の養殖の為にこの日から水を溜めて準備中とのことでした。
e0179098_1059438.jpg
横の水路に泳がせている成魚を網ですくってもらい、用意して行ったクーラーボックスに。
e0179098_10593436.jpg
見た目はどこにでもいそうな子魚ですが、これが大変貴重で高級食材なんですよ。
ちなみに、この辺の川とかにいるのは、タモロコという種類だそうです。
帰る前にせっかくなのでおとうさんを交えて記念写真を・・・
e0179098_110434.jpg
見ていただくとわかる通り、
「定年後の爺さん達」な~んて書いてあったので、どんなお年寄りかと思って行ったのですが、皆さん若々しくて全然爺さんっぽくありません(笑)

買わせていただいたホンモロコは、天ぷらや南蛮漬けにしてお客様にお出ししたところ、クセや苦みが無くとてもおいしいと喜んでいただきました。

まだまだ始めたばかりで大変だと思いますが、これからもがんばってください。
またおじゃまします(^^)
[PR]
by kappouyamaki | 2012-04-09 11:06 | 散策 | Comments(0)

里山で

昨日の祭日。
飽きもせず、またまた山道を走りながら、店に飾る花や枝物を散策していると・・・
ん・・・?
e0179098_121774.jpg

サルが道端にいて、私たちを見ても全然動じていません(-_-;)
e0179098_12172588.jpg

通るんだったら、どいてやるぜ!って態度です。
 
こんな風景が当たり前になってきちゃいましたねε-(‐ω‐;)
[PR]
by kappouyamaki | 2011-11-04 12:25 | つれづれ | Comments(0)

すどうし

日曜日の午前中。
おとうさんと多気へ行く前に、おみやげにと、すどうし採りに行ってきました。
e0179098_137331.jpg
山はさっぱりわからない私は、藪の中、必死でおとうさんの後をついていきます(^_^;)
e0179098_13131474.jpg
e0179098_13133737.jpg
ほどなく、たくさんのすどうしが・・・。
e0179098_13142120.jpg
すどうしは、なめくじや虫がつきやすいのですが、こんなきれいなものもたくさん採れました。
e0179098_1316232.jpg
小一時間もかからずに、けっこうな収穫です(^^)v
e0179098_13192247.jpg
藪から出たら服がまっ黒!

山は秋の気配・・・
e0179098_13211852.jpg
カラスウリも色付き始めています。

採れたすどうしを持って、足が弱るまではおとうさんとしょっちゅう山へ茸採りに行っていた姑のいる多気へと車を走らせました。
[PR]
by kappouyamaki | 2010-10-12 13:33 | 山・川 | Comments(2)

ミョウガ採り

お盆休みの最終日の今日。
多気へ行った帰り道、例のごとくおとうさんお得意の山越えです。
アユ釣りシーズン真っ盛り中ゆえ、道々で車を停めては川を覗いて・・・。
e0179098_17294978.jpg
そして美杉の某所。
e0179098_17303590.jpg
山からクマ出現!・・・に見えますが・・・
ではなく、ミョウガを採っているおとうさんです(笑)
e0179098_17322874.jpg
ミョウガの葉です。
この下に・・・
e0179098_1733129.jpg
薬味などでおなじみの花穂の部分があります。
e0179098_17365858.jpg
昔々、おじいさんは、川でミョウガを洗い・・・の図(笑)
e0179098_17375191.jpg
たくさん採れました(^^)

えっ、私は何を手伝ったかって?
私は、報道担当ですから・・・(笑)
[PR]
by kappouyamaki | 2010-08-18 17:45 | 山・川 | Comments(0)

準備中

e0179098_11592243.jpg
6月になると、あちこちの河川で鮎釣りが解禁になります。
昼休憩で帰ってきたおとうさんが、長い鮎竿を出して、友釣りの準備中です。
再来週ぐらいから行くつもりらしいです。
今年の釣果はどうでしょうね(^^)
[PR]
by kappouyamaki | 2010-06-03 12:08 | 家族 | Comments(0)
え~~まだ続くんかい!・・・なんて言わずに、お付き合いください。
本日で終わりですから(笑)

連休最終日の5日、この日はとあるイベントに行く予定だったのですが、当日になって9日の日曜日と勘違いしていたことに気付きました(^_^;)
さて、どうしましょう?
そこで、おとうさんが歩いたことないという関宿へ行ってみることに・・・。
e0179098_130472.jpg
関宿の道の駅に車を置いて出発です。
あちらこちらでツバメが飛んでいます。
e0179098_1314218.jpg
せっせと巣作り中(^^)
e0179098_133344.jpg
「関まちなみ資料館」へ入ります。
ここは、江戸末期の町屋建築のひとつだそうです。
e0179098_134794.jpg
昔の民具や資料が展示してあります。
こういうのが好きなおとうさんは熱心に見ています。
e0179098_1345215.jpg
古い町並みを眺めながら歩きます。
e0179098_1353137.jpg
次に入ったのは、「関宿旅籠玉屋歴史資料館」。
江戸時代の旅籠です。
e0179098_1361842.jpg
ちょっとぶきみなご主人が出迎えてくれます(^_^;)
e0179098_1372534.jpg
旅籠らしい道具などが、たくさんあります。
お酒好きの私は、激しく徳利に反応してしまいました(^_^;)
e0179098_139349.jpg
二階に上がると、当時の寝床が再現してあります。
e0179098_13105966.jpg
「道中泊屋にて蚤を避ける方法」見てたらなんだか痒くなってきました(笑)
e0179098_13121339.jpg
再び町を散策しながらお昼ご飯に寄ったのが、
e0179098_1313171.jpg
街道そばと山菜おこわが名物の「会津屋」。
こちらも、昔は旅籠だったそうです。
e0179098_13143155.jpg
この日は暑かったので、山菜おこわとざるそばのセットをいただきました。
本当は、おとうさんは山菜の天ぷらも入ったセットを注文したのですが、ゴールデンウィークは混雑の為、天ぷらはオーダーできず、ザンネン!
それでも、おこわもおそばもおいしくて、お腹は満足!
ごちそうさまでした。
e0179098_1316977.jpg
食事の後、地蔵院でお参りして、元来た道を帰ります。

途中、焼物を道端で売っていました。
e0179098_13171472.jpg
最近凝っているおとうさんは早速物色!
信楽の土で焼いているそうです。
売っているおねえさんと色々焼物談義をしながら、五つ購入┐(´~`;)┌
e0179098_13175227.jpg
一つおまけしてもらいました(^^)

さて、帰り道。
そう、やっぱり川沿いです(ーー;)
この日は、関から大山田に抜けていく道でした。
e0179098_13191138.jpg
お約束のアマゴ釣り(>_<)
e0179098_13194490.jpg
釣れたのは小さいアマゴですが、今日はリリースしません。

先日知り合いのお宅にアマゴを少しさしあげたところ、小さな子供さんたちが、事の他喜んでくれて・・・(^^♪
この日は子供の日なので、プレゼントしようと思ったわけです。

ということで、一匹というわけにはいかず、がんばって・・・。
e0179098_13204134.jpg
から揚げサイズですが、5~6匹はいますね。
めでたしめでたし(*^^)v

帰りにアマゴを届けて、本当に帰路につきました。

こうして今年のゴールデンウィークは終わったのでした。

結婚24年、休みにこんなにおとうさんと一緒に過ごしたのは初めてでした。
今までなら、一人でガンガン山、川出かけてたのに・・・。
おとうさん年とったのかなぁ???

☆オマケ☆
ちょっとだけ、関の渓流です。水音に癒されます(^^)

[PR]
by kappouyamaki | 2010-05-08 13:31 | つれづれ | Comments(4)
5月3日、連休二日目です。
私は、どちらかというとインドアなほうです・・・というよりナマケモノ(笑)
休みは、家の中でゴロゴロと、本を読んだりDVD観たりして過ごすことが多いのですが、今回の連休はおとうさんのせいで、そういうわけにはいきませんでした(^_^;)

この日の予定は、午前中はコシアブラ採りをして、その後伊賀の丸柱で開かれている「長谷園窯出し市」へちょっと行ってみようと・・・。
この時、窯出し市というものについて、私たちはなにも知らなかったのです(>_<)
e0179098_1413885.jpg
市内某所の山の中です。
コシアブラは、新芽を天ぷらなどにして食べると非常においしい山菜ですが、自然の物は、木がかなり高いので、高枝切り鋏が大活躍です。
e0179098_1413551.jpg
コシアブラを見つけたおとうさん、庭木の剪定などにも使っているので、高枝切り鋏を使うのも慣れたものです。
e0179098_141592.jpg

e0179098_14155599.jpg
これがコシアブラです、が、かなり長けてしまっています。
時期がちょっと遅かったようです。
新芽の部分を取って箱に入れます。
ビニール袋だと蒸れてしまうので、箱のほうがよいそうです。
e0179098_14164191.jpg
再び車に乗り込み探しながら奥へ進みます。
山の中だと、おとうさんは、車を運転しながらびっくりするぐらいいろんな物を見つけます。
普段は老眼で「何も見えん!」と言っているのに・・・。
私にはさっぱり違いがわかりませんが、「あれは・・・これは・・・」と見ています。
e0179098_14173542.jpg
臭木(くさぎ)の新芽を採っています。
葉や枝を傷つけると悪臭を放つためこの名がついたそうです。
あまりこの地方では知られていませんが、なかなかおいしい山菜です。
私は、ピーナッツバターのような匂いだと思ったのですが、調べると、そう思う人もいるようです。私だけじゃなくってよかったぁ(笑)

コシアブラもソコソコ採れたし、ぼちぼち伊賀へと向かいます。
e0179098_14184057.jpg
途中、いつも伊賀へ行く時に見ては、一度行ってみたいと思っていた自然薯料理の「はんない亭」へ・・・。
このお店はご主人自らが栽培している自然薯を使っているそうです。
「お客さんの顔をみてから薯をするので、時間がかかります。」とお品書きに書いてあります。
・・・・・本当に時間かかってます、だいぶ待ちました(^_^;)
e0179098_14194862.jpg
おまたせの「とろろ御膳」
e0179098_14202316.jpg
揚げとろ。これはおとうさん注文の「揚げとろ御膳」についてきます。
ふわふわで幸せな食感!
e0179098_14205819.jpg
かば焼き。単品で注文しました。
香ばしくって磯辺もちのような感じです。
e0179098_14214151.jpg
こちらのご飯は麦飯ではなく、伊賀コシヒカリの白米でした。

すべておいしくいただきました(^^)
幸せ~~(^_^)v

おとうさんは、こちらのご主人と何を話してるのかと思えば、やはり川情報!
いや~~な予感が・・・。

お腹も満たされたし、さあ丸柱へGO!のはずが、
「ちょっと川見てこに、ちょっとだけ」・・・予感的中です(-_-;)
e0179098_14242123.jpg
林道を進んでいきます。
e0179098_14245741.jpg
竿を出しますが、
e0179098_14255471.jpg
この川はドロバヨばかりのようです。
これがいると、アマゴはいないそうです。

早々に切り上げて、こんどこそ丸柱へGO!

丸柱のもう一つの目的は、お豆腐屋さん「福八代(ふくや)」に行くこと。
前回悔しいことに、湯葉が売り切れていて、リベンジを誓っていたのです。
けれど、今日も時間がすでに3時近いし、しかも蔵出し市で丸柱はにぎわってるだろうし・・・。
実際に壬生野のインター降りてから、丸柱から帰って来ただろうと思われる車の多いことにビックリでしたからε-(‐ω‐;)

けれど、けれど、ありましたぁ(^_^)v
湯葉に、木綿、絹ごし、お揚げさん大量ゲット!!
サービスでおからをいただきました。
おじさん曰く「この細かいおからはべっぴんさんが来た時しかやらんのや(笑)」
おじさんありがとぉ~~(喜)
・・・あとで人から聞いたところ、誰にでもそう言っているらしいです(ーー;)

やっと「長谷園窯出し市」に到着です。
e0179098_14275346.jpg
人がいっぱいです。

まずはお隣の「忠央窯」へ、こちらもたくさんの人でした。
それでも、いつものように作品を見せていただいて、店で使う器を購入しました。

その後、「長谷園窯出し市」を散策。
e0179098_14292478.jpg
築200年以上の当主・屋敷、庭園を開放してたので、ちょっと覗いてみました。
e0179098_1430266.jpg
門や玄関の入口に陶器が敷き詰めてあり、そこを通るとカラカラと音がします。
人が来るとすぐわかるようになっているのですね。
防犯用?
門の所を見ると、「陶琴」と書いてあり
「陶琴の踏み音涼し幾度も 長谷園の長屋門入る  ご来園・賜句」
う~~ん、粋だなぁ。
e0179098_1431564.jpg
外におとうさん垂涎のサヤがたくさん並んでいます。
ひとつ、かなり気にいったものがあって、係の人に聞くと、2万円Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
サヤですよ、作品ではなく・・・さすがにあきらめましたとも(笑)
おとうさん、ハニワ陶苑行ってください・・・あるかもよ(笑)
e0179098_14324864.jpg
あまりの暑さに滅多に食べないソフトクリーム食べました。
たまりしょうゆ味です。しょうゆというよりモカ味に近かったです。

帰りは、あまり混雑していなくて、かつ、おとうさんの好きな峠道を選んで伊賀の町まで出て、ひのな漬けとお酒買って、家に帰ってからは、とうふ三昧で、おいしい晩酌でした(^_-)-☆

こうして連休二日目は過ぎて行ったのでした。
[PR]
by kappouyamaki | 2010-05-07 14:44 | つれづれ | Comments(2)
ゴールデンウィークも終わり、今日から仕事再開です。
例年の連休だと、おとうさんは釣りなど目いっぱい趣味に没頭なのですが、今回はなぜかほとんど私といっしょに出かけてました・・・これっておとうさん年とったてことかしら(^_^;)

連休初日の5月2日、午前中多気のおとうさんの実家に寄ってから、飯高の道の駅に行こうということになりました。
e0179098_1410212.jpg
飯高の道の駅は温泉もあり、道の駅の中でもかなり評判がいいそうです。
e0179098_1411878.jpg
お昼は名物のお蕎麦を食べようと構内の「レストランいいたか」へ行くと、すごい人です。
それでもせっかくなので待つことにしました。
食べるために待つ・・・今までのおとうさんの辞書にはなかった言葉です。やっぱり年?
e0179098_14122719.jpg

e0179098_14125110.jpg
待っている間にファーストフードコーナーを見ていると、おいしそうなおにぎりが売ってます。
あとで、おやつに食べようとゲット!

ふとみると、あられ茶漬けまでメニューにあります。(写真撮り忘れたぁ(>_<)
テレビの影響で有名になったようですね。私は食べた事ありませんが・・・。

おとうさんは時間つぶしに山野草など、あちこち見て回っていたようです。

小一時間待ってやっと名前を呼んでもらえました。
e0179098_14195375.jpg
席に着くと、お茶が運ばれてきました。やっぱりお茶処、おいし~~い(^^♪
e0179098_14202385.jpg
注文の「三段わんこそば」の大盛!・・・だってお腹すいてたんですもの(o´ェ`o)ゞエヘヘ
とろろと、だいこんおろし、そしてナメコですが、私はナメコ駄目!乂(´Д`;)なので、おとうさんにプレゼント!
おいしゅうございました(^^)
e0179098_14432193.jpg
食後、道の駅を散策して、帰るときにはなぜかしっかり富貴蘭の鉢植えが・・・┐(´~`;)┌

時間もたっぷるあるし、もともと山道や峠を散策しながら車を走らせるのが好きなおとうさんですから、どうせなら仁柿峠を通って、美杉に出て、美杉の道の駅にも寄ってみようということになりました。
e0179098_14213932.jpg
まだ人家のあるうちから「くまに注意!」です。昔はありえなかったことです。それだけ環境破壊がされているのでしょうね。
e0179098_1424270.jpg

e0179098_14243825.jpg
山の奥のほうは、住む人がいなくなって朽ちかけた家などが点々としています。
e0179098_14251221.jpg
途中、さきほど買ったおにぎりをおやつにいただきました。
具たっぷりでおいしかったぁ!
e0179098_1426179.jpg

e0179098_14263696.jpg
山道を走って行って美杉に近くなった頃、道端でキジ発見!きれいなオスです。
餌を食べていたようです。
以前キジ撃ちをしていたおとうさんは、今でもやっぱりキジには敏感に反応します。
野生が目覚めるのでしょうか(笑)
e0179098_14271984.jpg
美杉の道の駅を少し散策して帰路につき・・・ません(^_^;)
e0179098_1427485.jpg
おとうさんの特技の一つに地元のおじさん、おばさんとすぐに仲良くなれる!というのがあります(^_^)v
その特技をいかして、脇の林道へ入っていって止まっていた軽トラのおじさんに、アマゴのこと聞いてます。
もう放流していないので、漁業権もないようです。
e0179098_14291941.jpg
林道を進み、
e0179098_1430077.jpg
竿を入れると、ものの数分でヒット!
e0179098_14302972.jpg
きれいな天然のアマゴです(^^)
が、小さいのでリリース。
e0179098_1434199.jpg

e0179098_1434548.jpg

e0179098_1435223.jpg
その後、本道へ戻り、美杉の街並みを見ながら、今度は多気小学校の近くの堰堤へ、
e0179098_14312961.jpg
ここは、子供たちが小さいころ川遊びに何度か連れてきたところです。懐かしい!
e0179098_14322957.jpg
早速竿を出すおとうさん。
対岸を見ると、見覚えのあるツリーハウスが、
e0179098_14331030.jpg
サルシカ隊のHPで見た、三重大の学生さんたちが作ったツリーハウスここだったんですね。

ザンネンながらここではヒットなし(>_<)
e0179098_1436566.jpg
たくさんおいしい山の空気を吸って、のんびりした連休一日目はこうして過ぎて行ったのでした。
[PR]
by kappouyamaki | 2010-05-06 14:44 | つれづれ | Comments(0)

アケビの花と壺

またまたおとうさんが、昨日ハニワ陶園で買ってきちゃいました(-_-;)
今度のはそんなに古いものではなさそうですが、大きいです。
けれど、2,500円ということなので、大目に見ましょうε-(‐ω‐;)
e0179098_1252410.jpg
その壺に生けるために、今朝、山からアケビの花を採ってきてくれました。
アケビの花は可憐で、しかもとっても甘いいい匂いがして、大好きな花です。
e0179098_12551239.jpg

e0179098_12554284.jpg
花の色が濃い赤紫のミツバアケビと薄紫色のアケビ。
まだ匂いは薄いですが、これからたくさん咲いてくると・・・うふふ、楽しみです(^^♪
[PR]
by kappouyamaki | 2010-04-01 13:02 | 花・植物 | Comments(0)