やまきのおかあちゃんの日記 mieyamaki.exblog.jp

三重県津市でおとうさん(夫)と「割烹やまき」やってます。お店のこと家族のことなどお話しさせてくださいな。


by kappouyamaki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2012年 12月 27日 ( 1 )

醍醐@名張市

今まで、彼にとって人との約束のない休日は、自分の思いのままに、山や川を散策できるという非常に好ましいものだった。
しかし、ここのところ健康に不安を覚えることが多々あった彼は、その好きだった単独行動を控え、友人たちとの約束も控えるようになったのであった。
けれども、彼は休日に家でじっとしているようなことはできない性質である。
そこでターゲットになったのが、夫のいない休日をDVDを見たり、本を読んだり、昼寝したりと、全くのインドアな妻であった。
彼は妻に「おかあさんに任せるから、どっか行こう!」と誘いかける。
そんなこと言ったって、自分の行きたくないとこは却下でしょ!と最初から見抜いていた妻は、「じゃあ、映画観に行こう!」とあえて言ってみたら、やはり見事に無視されたのであった。

と、まあそんなわけで、24日の休日のこと。
助手席に私を乗せたおとうさんは、車の赴くまま、あてもなく、R165を名張方面へと走ったのでした。
赤目の滝の麓まで行くと、「瀧自慢」の蔵元を見つけました。
ここは、販売もしているので、立ち寄って、店用のお酒と晩酌用のお酒を買いました(^^)v

さて、どこでお昼を食べようか?
そこで、思い出したのが、以前に「けいた」という蕎麦屋さんに行くときに迷ってぐるぐる回ったところに、趣のいい和食の店があったということです。
さっそくそこを目指してGO!
e0179098_1254615.jpg

寿し割烹の「醍醐」
ちょっとお昼にしては豪華な感じですが、今日はクリスマスイブだしぃ~~、晩御飯を質素にしたらいいんでないのぉ・・・と言い訳をしつつ、門をくぐりました(笑)
e0179098_12551794.jpg

せっかくなので、カウンター九席限定「醍醐のおもてなし寿司」を注文!
寿司を握ってくれる前に、嫌いなものがないかを大将が聞いてくれました。
私は光り物とイクラが苦手なので、申し訳なく思いながら伝えると「大丈夫ですよ」とニッコリ。
e0179098_12562493.jpg

最初は鰤のあぶり。
ポン酢味のおろしが乗っているのでそのままでどうぞ!と
あぶってあるので、脂が程よくぬけてます。

鰤を食べたところで、大将が「しゃりの大きさはいかがですか?もっと大きくとか小さくとかどうですか?」
うれしい心遣いです。
どちらかというと少し小ぶりなしゃりは私にはちょうどよかったので「これくらいでいいです」と答えさせてもらいました。
e0179098_12571646.jpg

サーモンのハラミ
e0179098_12581891.jpg

鯛はポン酢のジュレが乗せてあるのでそのまま
e0179098_12585679.jpg

牛イチボのたたきにはポン酢ジュレとニンニクチップが
e0179098_12594146.jpg

タイラ貝はレモン塩で、貝の甘みが引き立ちます。
e0179098_1301783.jpg

お椀は赤出汁か吸い物が選べます。私は赤出汁、おとうさんは吸い物を。
e0179098_1305091.jpg

車海老
e0179098_1311638.jpg

ここで、おとうさんにはイクラが出たのですが、苦手な私には甘海老です。
上に卵とミソが乗っていてやはりジュレ状のたれがつけてあります。
ミソがパンチを利かせ、大人の味。
e0179098_1321033.jpg

味の付いた糸がきをのせた子持ち昆布
e0179098_133478.jpg

蟹の軍艦
e0179098_1333960.jpg

トロは脂が強いのでづけで
e0179098_134850.jpg

穴子
e0179098_1344840.jpg

そして海胆の小丼
e0179098_1352117.jpg

巻物は干瓢巻
東京のほうでは〆には干瓢巻で、しかも他の細巻は六貫落しなのに、干瓢巻だけは四貫落しなんだそうですね(by酒のほそ道)
そういえば、今年の初めに横浜へ行ったときに入ったお寿司屋さんでも〆に四貫落しの干瓢巻が出てましたっけ。
こちらの大将は京都、大阪、東京で修行をされたとか、納得です。

〆だと思ったら、そのあとに、一貫、ネタケースの中からどれでもお好きなものを
握らせてもらいますと・・・
せっかくだから大将のお奨めをお願いすると
e0179098_136721.jpg

自家製のカラスミです。
カラスミもあまり好きじゃないんですが、これはおいしくいただけました。

ここで、あとはデザートなのですが・・・
おとうさん、追加で赤身と海老を握ってもらいました。
私は、もうおなかいっぱいだったのですが、欲を出して
e0179098_137153.jpg

剣先烏賊を(烏賊好きなんです)
醤油にしますか?塩にしますか?ときかれたので普段とはちがう塩で。
塩もいいですね。

そしてようやくデザート。
e0179098_138054.jpg

抹茶のムースにザクロの甘酸っぱさが心地よいです。

こちらのお寿司はとても丁寧に仕事がされていて、どれもとってもおいしくいただけました。
お客さんへの気遣いも行き届いていて、見習わなくてはとも・・・。

聞けば、大将は元々は日本料理の職人だったそうです。
名張はなかなか遠くて、ちょっと呑みに・・・というわけにはいきませんが、
ほんとうは、夜、お酒を呑みながらお料理やお寿司をいただきたいお店でした。

ごちそうさまでした。

最後に・・・
この日の夕食は、こんにゃくの煮物、切り干し大根、キャベツ炒め、少しだけスモークサーモンが入った野菜サラダ、そしてスーパーで買った鳥もも肉の照り焼き。
息子に「なんかむっちゃあっさりしとらん?」と言われてしまいました。
息子、ごめんよ~~(^_^;)
[PR]
by kappouyamaki | 2012-12-27 13:17 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)