今日から

e0179098_12193114.jpg
早いもので、今日はもう7日です。
自宅近くの野辺野神社のどんど焼きに行ってきました。
これでお正月も終わりです。
やまきは本日より平成31年の営業がはじまります。
今年もお客様に満足いただける店を目指して精進させていただきますので、よろしくお願いいたします。


# by kappouyamaki | 2019-01-07 12:33 | お店のこと | Comments(0)

よもぎ庵@松阪市茅原町

新年あけましておめでとうございます。
昨年はとうとうお正月にブログを更新したっきりになってしまいました(^_^;)
今年はそんなことにならないよう心を入れ替えるつもりですので、これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>

今まではおとうさん自身のポリシーにより、店の料理や食材に関することは書かないようにとのお達しがあったのですが、考えが柔らかくなったようで、お許しがでました。
なので、今までより多く店のことを紹介できたらと思っています。

と言いつつ、年の初めはランチのお話(笑)

1月1日。
多気のおとうさんの実家からの帰り道。
e0179098_13192983.jpg
通り慣れた田舎道にはためく「鍋料理」やら「てこね寿司」やら「ランチ」やらの幟達。
こんなところにお店ができたのだろうか?とおとうさんは気になってしょうがない様子です。
e0179098_13212574.jpg
「よもぎ庵」と書いてあります。
さすがにこの日はお休みのようですが、確認せずにはいられず、矢印の方へ行ってみました。
e0179098_13230962.jpg
う~~ん、お店らしき建物を探しておとうさんは奥まで入っていきましたが、見つけられず・・・。
多気からの帰りにはちょくちょく通るところなので、後日また確認しようとこの日は帰ったのでした。
でも気になって気になってしょうがないおとうさん、口実をつくって3日の日も見に行くと準備中の表示があり、期待して電話をかけたけど出ません。
またまたあきらめて他で食事をして、帰り道に通ると営業中の表示が・・・(笑)

そして昨日、ようやく行けました!
おとうさんの執念には参りましたよ(笑)
ちょうど近くにいたご近所さんにお店の場所を聞くと、先日おとうさんが見てきたほうではなく、駐車場を右に進んだところに
e0179098_13453998.jpg
e0179098_13460641.jpg
ありました~~~(^^)
11月にオープンしたばかりだそうで、お店の中もとてもいい感じ。
随分前には猪鍋のお店があったそうです。
「そういえばそんな店あったなぁ」とおとうさん、「知っとったんかい~~!」って思わず突っ込みたくなりました(+_+)
e0179098_13592575.jpg
案内された掘りごたつ式の席から櫛田川が見えます。
離れにはBBQコンロとかがあるようで、予約とかでできるのかな?

ランチメニューの中から
おとうさんはてこね寿司、私は大エビフライをお願いしました。
e0179098_14071585.jpg
e0179098_14074110.jpg
両方とも1,500円。
小鉢4種もとてもおいしく、てこね寿司にはワラサのカマの煮つけが大きな顔して鎮座してました(笑)
エビフライはサクサクプリプリで頭からしっぽまでバリバリいっちゃいました。
つけあわせの生野菜もとっても美味しかった(^^)v
満足満腹!!
ごちそうさまでした(^^)

お正月早々いいお店を見つけられて、今年は幸先よさそうです。
これもおとうさんの執念のおかげですね(笑)
今年はどんな美味しいものにであえるかな?

楽しみです♡




# by kappouyamaki | 2019-01-05 14:50 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

新年

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
e0179098_00021316.jpg
e0179098_00025378.jpg
3日に大紀町の瀧原宮に初詣に行ってきました。

瀧原宮は内宮別宮で、同じ大紀町の水戸神神社で行われている「おんべまつり」というアユが的に入るかどうかで吉凶を占う神事に使われる鮎が奉納される宮です。
アユの漢字が魚偏に占うと書くのは占いに使われているからなのですね。

アユ釣り大好きなおとうさん、鮎に縁がある瀧原宮での初詣できっと今年はたくさん鮎が釣れるでしょう(笑)

さて
あっという間に
お正月休みも終わり、今日5日から「やまき」も新しい年のはじまりです。

そして、1月10日で大門から乙部の店に移転して満20年の節目を迎えることとなります。
ここまでやってこれましたのも、たくさんのお客様に支えていただいたおかげと感謝しております。
ほんとうにありがとうございました。
これからも皆様に満足していただけるように精進していきたいと思っております。
末永く変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。


# by kappouyamaki | 2018-01-05 10:00 | お店のこと | Comments(0)
e0179098_16283506.jpg
先週19日の日曜日行ってきた中万市で買ってきたちくま味噌。
箱を開けるとしおりが入っていました。

e0179098_16295955.jpg
「歴史の中のちくま味噌」
それを読んでちょっと興味がわいていろいろググってみました。

竹口家が江戸へ進出した当時は中万町は伊勢国乳熊(ちくま)郷と言って、味噌醸造を始めた時、乳熊屋作兵衛門商店としたのがちくま味噌のはじまりだそうです。

私はまったく知らなかったのですが、有名な味噌屋さんのようですね。

歴史的にも

ちくま味噌初代が赤穂浪士の一人大高源吾と俳諧の友であったため、赤穂四十七士が討ち入り後休息をし、そのゆかりの地として有名になったり。

14代当主が勝海舟の有力な後援者のひとりで、海舟が渡米の際、咸臨丸で手にしている脇差は竹口家寄贈のものであったり。

明治時代初演の歌舞伎「四千両小判梅葉」の台詞に
「道理で味がいい 味噌はちくまにかぎるのう」と言う台詞場面が登場したり。

西郷隆盛や、ヘボン式ローマ字のヘボン先生、とも縁があったようです。

だからなんなのさ。
と言われればなんでもないのですが・・・。
中万市に行ったために、あらためて伊勢商人や松阪商人ってすごいなぁと感心してしまったのでした。

三井家や国分家は私でも知っていましたが、ほかにもたくさん知らない地元出身の名家や名士がいるのでしょうね。

こんなふうに地元のことにほんの少しでも興味を持てたのも、中万市のような催しがあったおかげです。
機会があればちょこちょこ行きたいですね。
いろんなことがわかって楽しい(^^)





# by kappouyamaki | 2017-11-27 11:00 | 散策 | Comments(0)
e0179098_13193205.jpg
先週19日の日曜日に、約60年ぶりに復活!された中万市におとうさんに連れられて行ってきました。
中万市は、室町時代から伊勢湾台風(昭和34年)が来るまで、櫛田川の河原で毎年開催されていたそうです。

『中万町(中万村)は伊勢商人の発祥の地として知られ、軽粉や木綿を扱う紺田家・堀木家・竹口家・山上家などの豪商がいた。
そして、わらべうたにまで歌われた富山家、「ちくま味噌」の竹口家、その他小林家など多くの豪商の子孫が営々と現在まで
家督を継いで、大きな屋敷や邸宅を維持されていた。』

ということで、おとうさんの目的は市より歴史的建造物特別公開のほうです。
といっても屋敷の中までの公開はなく、庭の公開がほとんどでしたが・・・。

e0179098_13210237.jpg

e0179098_14152528.jpg
豪商の面影を残す町並みをたくさんのひとが散策していました。

e0179098_13233841.jpg
乳熊寺(ちくまんじ)
ここの千手観音御本尊像は盗難にあい、今は無いそうで、現在は仮本尊の観音像を安置してご供養しているそうです。
仏像などの盗難はよく聞きますが、罰当たりな泥棒のなんと多いこと(怒)

e0179098_13340537.jpg
富山家
ここは庭で山菜おこわなどの販売やキッチンカーの出店などで賑わっていましたが、あまり興味のないおとうさんは私がトイレに行っている間に「もう見た!」と・・・スルーされてしまいました(ーー゛)

e0179098_13500718.jpg
小林家
焙煎コーヒーの販売と似顔絵コーナーがありました。

e0179098_13504802.jpg
竹口家
土間の公開。
この家は江戸へ出て「ちくま味噌」を商って、歴史に残る人たちとも縁のある豪商です。

e0179098_14113017.jpg
堀木家
庭の公開となってましたが、おうちの方の健康上の事情で取りやめになってしまってました。

ここのおうちに限らず、高齢化がすすんだり、古いお屋敷の維持管理が難しくなってきたりと、この街並みを残すのは並大抵なことでは無いと思います。
それはわかっていながら、わがままにもできるだけ存続してほしいと願っています。

帰る前にちくま味噌を自宅と多気の義兄のお土産用に買って、中万市を後にしました。
うちはまだ使ってないのですが、義兄はもう使ったそうで、「うまい味噌やぞ!」と言っていました。
使うのが楽しみです(^^)
e0179098_14414333.jpg
ちくま味噌


また来年も中万市の復活はあるのでしょうか?
あるのなら今度はちゃんと市も見たいなぁ。
そしてできれば、せっかくなのでもう少し歴史的建造物の説明が欲しいですね。
どうぞよろしくおねがいします。





# by kappouyamaki | 2017-11-26 15:03 | イベント | Comments(0)

三重県津市でおとうさん(夫)と「割烹やまき」やってます。お店のこと家族のことなどお話しさせてくださいな。


by kappouyamaki